[122] アクセスが増えすぎてサーバーを引っ越したサイトの共通点

 メールマガジン ホントに実践!インターネットマーケティング

 2014/10/31発行 まぐまぐ 1,259部 + メルマ! 47部

 第122回 アクセスが増えすぎてサーバーを引っ越したサイトの共通点
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□ ご挨拶

こんにちは!
ご購読いただきまして誠にありがとうございます。
初めてのみなさま、数あるメールマガジンの中から選んでくださり、
ありがとうございます。

■■■
■■ アクセスが増えすぎて制限された → サーバー引っ越し

当社が提供している、ホームページ引越し代行サービスは、
http://sitemove.surv.co.jp/

・ウェブサイト(ホームページ)を置いているレンタルサーバーの
 料金を見直してみましょう

・もし、割高なレンタルサーバーを使っていたら、サイトの規模に
 合ったレンタルサーバーに移転(引っ越し)しましょう

・引っ越し料金はかかりますが、それでも、トータルで運営コスト
 を削減できます

というコンセプトで始めたものです。


おかげさまで多くのお客様にご利用いただいているのですが、最近、
そのコンセプトとは真逆の、

・アクセスが増えすぎて、レンタルサーバー会社から制限された

・アクセスが増えすぎて、表示が遅くなって耐えられない

といった問題を解決するために、より高性能(高価)なサーバーに
アップグレード移転するサイトが増えてきました。


(補足)
通常、レンタルサーバーは、同じレンタルサーバー会社の別プラン
にアップグレードする場合でも、移転作業が必要になります。


アクセスがなかなか増えなくて困っている多くの方々にとっては、

「それって、羨ましい」
「いったいどんなサイト?」

と、大いに興味を持たれると思われます。

守秘義務もありますので、サイトのURLや、「○○のサイト」と
具体的な名前を挙げることはできませんが、

今回は、それらのサイトの「共通点」を、ご紹介したいと思います。

■■■
■■ サーバーをアップグレードするサイトの共通点(1)

【一にテーマ、二に大好き、三、四がなくて、五にタイトル】

さすがにどのサイトも、

「このテーマ(分野)なら確かに、需要は、そうとう多いな」

と納得できるテーマです。
(その分、ライバルも多いわけですが)


しかも、サイト運営者が、

「そのテーマを、好きで好きでたまらなそう」
「仕事と趣味の境目は、ほとんど無いんだろうな」

と、感じられるサイトばかりです。

誰しも大きな需要があることをを納得できるテーマ(分野)ですか
ら、類似のサイトは、それこそ山のようにあります。

でも、

「個人的には、そんなに興味ないけど、仕事だから作った」
というページと、

「みんな、見て見て、好きだから、こんなページ作ったよ!」
というページでは、

さすがに、質(しつ)が違います。

それがリピーターの有無につながり、アクセスの多寡に反映されて
くるのでしょう。


そして、各ページの「タイトル」も、さすが、秀逸です。

そのときどき(タイミング)に、GoogleやYahoo!で検索されそうな
ワードを含んでいて、且つ、興味がわいてクリックしたくなるタイ
トルになっています。

意識してそうしているのか、好きだから当然そうなるのか、聞いて
はいませんが、おそらくどちらもでしょう。

■■■
■■ サーバーをアップグレードするサイトの共通点(2)

【ボリューム、そして頻度】

どのサイトも、質(しつ)が高いのですが、それに加えて、
ボリューム(ページ数・ページ内の文字数)も凄いです。

たとえば、ある MovableType で作られたサイトは、パソコン用の
ページだけで、2,000ページ以上ありました。
(ほぼ同じだけの数のスマホ用ページもありました。)

その圧倒的なページ数からすると、総ページ数が100にも満たない
サイトで、アクセスが少ない云々は、そもそも言っちゃいけない
ような気もしてきます。


また、ある WordPress で作られたサイトは、スタートからわずか
半年足らずで、サーバー会社から制限をかけられたそうですが、
その間の記事数は、約300本(300ページ+α)。

ほぼ毎日1~2本、質(しつ)が高い記事をアップし続けた
(新しいページを作り続けた)結果、ということになります。

その頻度からすると、「月に1回ちょっと更新するだけ」のサイト
のアクセスが少ないのは、「そりゃ当然」としか言えませんよね。

■■■
■■ サーバーをアップグレードするサイトの共通点(3)

【適切に設定されたCMS】

そして、トータル2,000ページとか、半年で300ページとかを、
実現するために必須なのが、

SEOの最低限のルールを守ったうえで、適切に設定された、
CMS(コンテンツ管理システム)

ということになります。

上の例で言えば、適切に作られた、MovableType や WordPress
です。

HTMLだけで、それだけの規模のサイトを維持し続けるのは、どう
考えても不可能ですから。

■■■
■■ 最後に

アクセスが増えすぎてサーバーをアップグレードしたサイトは、
テーマ(分野)も様々、見た目も内容もまったく異なりますが、
今回ご紹介した3つだけは、すべてに共通していました。

Yahoo!ニュース等に取り上げられて一時的にアクセスが激増する
(通称・ヤフー砲)というケースもありますが、

継続的にアクセスを増やすのであれば、上記は、今では、
アクセスアップの必要条件と言っても良いかもしれません。


(補足)
アクセスを増やすには、継続的に広告を出すという手もあります。
場合によっては、今回ご紹介した3つよりも、コストはかからない
ことだってあるかもしれません。
ただ今回は、広告を一切出していないサイトの例でした。

最後になりますが、

最近、HTMLで作られた既存のサイトを、デザイン等はそのままで、
CMS化したい、という依頼をいただくことが増えてきました。

理由は、今回の共通点(3)と同じです。

興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

(後略)

メールマガジン無料購読

無名&広告費ゼロで月間50万PV超を記録した口コミサイト「買物じょうず」の企画・制作・運営。本にもなった「現役店長に訊く、人気インターネットショップの秘訣」。それらの内部情報ほかインターネットビジネスの具体的なノウハウ、テクニック、裏話を公開!

 

読者登録は無料です。大手メールマガジン配信スタンド「まぐまぐ」からの配信となります。メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

簡単更新SEO対策ホームページ作成 ホームページ引越しサービス 経営者・管理者のための、ビジネスホームページの作り方
顧客がドンドン集まるホームページの作り方

2005年5月、大手出版社のソシムから本になりました!
「チラシを一回出すよりホームページに投資しよう」というコンセプトで様々な業態についてコストパフォーマンスに見合った具体的なアクセスアップ手法を紹介。SEO対策、SEM対策、アフィリエイト対策などを解説し、ブログの商用利用など、幅広いマーケティング手法について個別の事例を交えて紹介しています。

中小企業のためのeビジネスサイト立ち上げガイド-限られた資金・人手で、いかに大手に負けないサイトづくりをするか!?

2001年1月、大手出版社のすばる舎から本になりました!
これからインターネットビジネスに乗り出そうとしている経営者や起業家、実務の責任者を対象に、ビジネスモデルの作り方からシステムの構築、運営までのノウハウを解説しています。

Powered by Movable Type